転勤・相続・住み替え等で不動産売却をお考えの方。空室にお困りのアパート・マンション経営者様。サンライクエステートは「頑張ります!」だけではなく、新しい物件・古い物件それぞれについて最短で決めるノウハウと実績があります。ここでは、入居率 97% という実績の背景にある弊社の強みの一端をご紹介します。

サンライクエステート株式会社
代表取締役

入居率 97% という実績を支える強み

01

空き室が埋まらない

短期的な手数料収入よりも物件への入居を優先するとともに、物件を差別化することで入居率を高めます。

入居を決めることが最優先

他の不動産屋さんの多くは基本的に、仲介手数料の欲しさから自社だけで物件を抱えて入居者を変につけようとしなかったり、仲介料折半や広告料は渡さないというスタンス。

一方、私たちはオーナー様から信頼を得て管理をお任せいただくことを最優先事項としているため、入居さえ決まるなら「仲介料や広告料は全部持って行ってください」というスタンス。その結果、入居率は 97% にまで達しています。

時間はお客様のために使うべき

今の時代、どこの不動産屋に行っても、どこの物件だって紹介できます。だから私たちはホームページにあまり多くの物件情報は載せたくないのです。だって、どこにも載ってますからね。

この際はっきりと言いましょう。物件情報がたくさん載っている不動産屋は、その作業ばかりに時間を費やし多大な費用をかけています。決まった物件が載っていたりと管理も行き届いていません。

物件を差別化して見せるノウハウ

他の不動産屋さんがネットに掲載している情報は似たり寄ったりのものばかり。営業担当がつける 50~100 文字のありふれたキャッチコピーや他の物件との違いが分からないパターン化した写真。これでは物件本来の魅力が伝わりません。

私たちは無闇やたらにネットをたくさんの物件は載せません。把握も大変だし、載せる作業も大変。その時間はお客様の為に別のことに使った方が良いですからね。ただ、掲載するときは写真や動画等を駆使して本気で載せています。預かったからには一つ一つの物件情報に他社に無い情報を載せていきます。

02

利益が出るリフォームを

過剰なリフォームではなく、費用対効果に優れ、オーナー収益を生み出すリフォームプランを提案します。

リフォームでは費用対効果を重視

とりあえずキッチンやバス、トイレを新しくすれば入居者が決まるというのはもはや過去の話。設備が新しいだけの平凡でありふれた物件では選ばれない時代になりました。かと言って、高額な費用をかけてフルリフォームすると投資回収に不安が残ります。

私たちが重視するのは費用対効果。入居者様に選んで頂くためのオシャレで個性的なお部屋作り、入居者様に長く住んで頂くための故障・老朽化した設備の交換、そしてオーナー様に収入をきちんと確保していただくこと、これらをバランスよく実現するリフォーム力が弊社にはあります。

お客様が見に来たくなるような部屋

内見者の多くは数分で入居をするかどうかを判断します。つまり、お部屋を見た第一印象が判断に大きな影響を与えるのです。そこで、単純な原状回復だけでなく、あまりコストをかけずに内見者の印象度をアップし、選ばれる物件に変貌させる工夫が必要です。

新しい物件は決まって当たり前という側面がありますが、それも最短で決まるように。古い物件にはそれなりの戦い方があります。無駄で過剰なリフォームを行うのではなく、リフォーム後の収入とリフォーム費用を天秤にかけて、最も費用対効果がよい選択肢を提案します。

トレンドを押さえたリフォーム

今やキッチンは住まいの中心の場所。キッチンと隣接する部屋の間仕切りをなくして広々とした LDK を作り出し、家事導線や収納スペースを確保したい、家族とのコミュニケーションの場にしたいという要望が増えています。私たちは現在の入居者ニーズに適した物件に改良することで入居率をアップさせます。