代表者プロフィール

miyoshi-omote

miyoshi-ura

生い立ち

1982年5月4日に福岡市で生まれる。

幼少期は福岡西区の忍者村(現在は福岡歴史の町骨董村)のすぐ近くの伊都の里で過ごし、週末は忍者を見ながら育つ。迷路のようなお城の中で肝試しとか今でもよく覚えています。
小学校からは大学までは福岡市南区で育ち、学校ではチーターと言われるほど足が速いのが自慢でした(笑)そんな風には見えませんね!!(汗)

中学・高校ではテニス選手を目指して頑張っていましたが、ひどい椎間板ヘルニアで歩行すら困難になり断念・・・。優秀かつ非情な手術のおかげで今は元気に動いてます!

テニスを断念してからは音楽活動にはまり、遅咲きながらギター、ピアノ、ドラムを手がけるようになりました。これもそんな風には見えませんね!!(笑)

はたまた、友人に見せてもらったマジックがすごく楽しく忘れられなくて、自分もできたらなー、と一生懸命練習しちょこっとできるようにも。いつかマジックで挨拶しますね。

miyoshi

大学時代は軽音楽部に所属するかたわら、仲間が欲しかったのか、大学祭というイベントを作り上げる実行委員にその大半を費やす。
学生時代末期はカメラにもはまり、卒業アルバムを作るサークルに。今ではこの仕事に役立っています。役に立ってるのはこれぐらいですね(笑)

卒業アルバム

多趣味で良く分からない学生時代を過ごしてきましたが、なんだかんだで、親と同じ道である不動産業を志す。

不動産屋に勤務して

某大手ハウスメーカー系の不動産会社に約10年勤務、佐賀・久留米をメインに延べ300オーナー以上、物件も2000戸以上担当させて頂きました。

様々なお客様や物件と接して、不動産業でのサービスを勉強させて頂きましたが、いつも「大手だからできること、大手だからできないこと」という矛盾を強く感じていました。

そして時は満ち、32才にしてやっと自立することを決心しました。
この時3人目の子供が生まれる直前でしたが、そんな背水の陣のおかげかどうにか日々仕事に励んでいます。

不動産会社の代表として

不動産業は、人々の衣食住の「住」を最高のレベルに導くお手伝いをする大事なお仕事です。
約10年大手不動産業に勤めて、大手だからできること、大手だからできないこと、をたくさん見てきました。

小さい会社だからこそできること、それはお客様の立場にたって、時間をかけて住まいの相談ができることです。
今の時代、呆れるぐらいたくさんの空き部屋情報がネットに載っており、そして、どの物件にも一長一短があります。

その中でどれを選択したほうがよりベターなのか、というのはお客様のご家族の全体像や生活スタイルというのを時間をかけて把握しないとできないことです。

私は、よっぽどのことが無い限り、「すぐに決めて下さい」とは言いません。誰しも必要な時と場合があると思います。必要な時に必要なだけ呼んでくだされば幸いです。

お急ぎで部屋を探している方は正直あまり向きませんが、時間のある方はぜひ一緒に素敵なライフを見つけましょう。

Copyright(c) since 2014 サンライクエステート株式会社 All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.4.5